FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

奈央

Author:奈央
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
--.--.-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.09.15 Tue 16:45
Teamのコブクログにも書きましたが、
まだライブがこれからの方のために、こちらではネタバレなしで、
そして、後半部分、Teamの方では書けなかったことも、追記しています。


___


今回、宮崎2daysに参加させてもらいましたが、
私がとっても印象に残ったお話を多くの人に伝えたい。
あの感動を文字で残しておきたい。



2009年9月11日 KOBUKURO LIVE TOUR '09 "CALLING"宮崎2日目


最初の2曲が終わり、小渕君の第一声。

「ただいま帰ってまいりました~!」
「おかえり~~!!!」
前日と同じ掛け合いから始まりました。

宮崎弁全開で話してくれる小渕君は初日同様、とってもイキイキとしていました。
その様子を優しく見守る黒ちゃん。

この日も小渕君の親戚やお友達がたくさん駆け付けていたそうです。
そんな地元ならではの温かい雰囲気に包まれた中、小渕君が話し始めました。



「僕がギターを弾くきっかけを作ってくれたのは中学時代の友人です。
中学の時、その友達と一緒にギターを始めたんですけど、
お互いの家を行き来したりして、いつも一緒にギターを弾いていました。
彼は“さかりょう”って言うんですけど、
僕が今でもこうして音楽をやり続けていられるのは彼のお陰です。
その友達とは別々の道をずっと歩いてきたわけですが、なんと!今日!!
その友達が20年越しに、初めて僕らのライブを見にきてくれました!!
すごく嬉しいです!!!!」



そしてそのお友達が、
「お~~~~!!」と両手を挙げて答えてくれました。


「お~~~!!さかりょう~~~~~!!!
 真正面じゃ~~~~~~!!!!!」

と、両手でお友達を指差す小渕君。



ステージの小渕君の直線上で、その声に応えるお友達。
私は同じ列のすぐ近くに座っていました。


ご家族で参加されていた“さかりょう君”。
ステージと客席での二人のやり取りを見つめていた、隣の奥様は涙ぐんでらっしゃって、
その二人の間にはキラキラした目でステージを見つめる小さなお子さんが。
お友達ご本人も、涙をぐっっとこらえているような、そんな表情をされていました。
二人のやり取りに会場からは大きな拍手が贈られ、胸が熱くなったのは私だけじゃなかったと思います。

そして、ある曲の時、ふと隣を見ると、
真ん中にいる小さなお子さんを挟んで、家族3人で楽しそうにしている
“さかりょう君”の姿が何度も目に入り、
盛り上がり曲なのに溢れてくる涙をこらえることができませんでした。


【2000年10月11日】のコブクロ日記【ライバル】に、さかりょう君のお話が書かれています。
何度か読んだことはあったので、その話は覚えていたのですが、


「さかりょう、もし、宮崎にツアーでまわることがあったら、一番良く見える席に招待するかいね!!
待っちょきないよ!」(↑その日の日記より。)


その言葉が現実となり、その二人のやり取りを幸運なことに間近で見せていただき、
何度も何度も涙がごぼれました。


小渕君とそのお友達、二人にしかわからない、いろんな想いがいっぱい詰まったライブは、最高に盛り上がりました。
もちろん、それ以外のお客さん、そして、私にとっても、忘れられない感動のライブになりました。

___


アンコールのMCで、小渕君が夢を語ってくれました。
その後、ライブ終了後に届いたサンキューメール。



「2日間の宮崎ライブを終え、ひとつの大きな夢が見えました。
いつか宮崎ででっかいライブをやりたい。
いつになるか全く何も決まっていないのですが、僕は言い続けて必ず実現したいと思います。
そんな夢を思い付かせてくれたお客さんに感謝です。
ありがとうございました!」


実は、Teamの方ではなんとなく書けませんでしたが、
私といっちゃん、コブクロに宮崎で大きなライブをしてもらいたくて、
1年ほど前から少しずつ動いていたんです。

和歌山で10周年ライブに参加した時、和歌山全体で盛り上がるその光景を目の当たりにして、
私の中で強い想いが芽生えました。

結成10周年は和歌山だった。
デビュー10周年は、ぜひ宮崎で。

できることなら、デビューの3日前、黒ちゃんが小渕君のことを想って号泣した、
「フローランテ」に、10年後にもう一度戻ってきてほしい。

その想いをいっちゃんに伝えると、いっちゃんもすぐに賛同してくれて、
ある記事のことを話してくれました。

コブクロがデビュー間もないころ雑誌の中の一問一答形式のインタビュー。

F1000326[1]


見えますでしょうか?


Q:「将来、絶対にここでやりたいという場所はありますか?」

A:「宮崎の、サンマリンスタジアム。」(小渕君)
  「神戸、チキンジョージ」(黒ちゃん)

(黒ちゃん、ちっちゃく書いてごめんなさい。笑)

おそらく、2002年の記事のようです。


今年の1月、家族で福岡旅行に行った時、いっちゃんの自宅へお邪魔して、
綺麗にスクラップされたこの記事を見せてもらいました。

その瞬間、電気が走ったように衝撃を受けました。
私が思っていたこと、小渕君の夢だったんだ!!って。

私たちもその夢を叶えるお手伝いがしたい。
小渕君の夢は、私たちの夢になりました。

キャパ的にフローランテは無理でも、
●去年のa-nationで2万5千人を動員した、宮崎県総合運動公園・陸上競技場
http://www.pmiyazaki.com/dy/72.htm

●侍JAPANのキャンプ中に4万人以上を動員して大混乱した、
↑に小渕君も書いているサンマリンスタジアム
http://www.pmiyazaki.com/dy/82.htm

どちらかではやれるんじゃないか。


それから夢への実現に向けて、二人だけでプロジェクトチームを立ち上げ(笑)
いっちゃんがツアー以外で何度も宮崎に足を運んでいたのは、そのためです(爆)


でも、私たち二人では、とっても心細く、ぜひ協力な助っ人をお願いしたく、
桜咲く3月にいっちゃんが来宮した際、やっとの思いで宮崎のSさんに私たちの熱い想いを
伝えたのですが、あっさり断られました(笑)


そして、今回、ライブ会場で、その夢を語ってくれた時、全身に鳥肌が立ち、
小渕君、昔、描いた夢を忘れていなかったんだね・・・
と、嬉しくて嬉しくて。

それまで、MCで、「昨日は定休日だったんですが、同級生の特権で「重乃井」を開けてもらった」
と聞けば、2階席の先頭に座るいっちゃんを下から見上げて、
「やっぱり!!」と何かとアイコンタクトを取ったりしていた私たち(笑)

でも、この時ばかりは・・・体が完全に固まってしまいました。


小渕君が皆の前で口に出して言ってくれたから、きっと、その夢、叶うよね。
もしかして、もう少しずつ夢に向かって動いてる??

小渕君の夢が叶う時。
私もその場所で、同じ風、同じ感動を味わえること。
それが今の私の夢です。

___



今回、宮崎を訪れてくださった県外ファミさんから何度も言われた、
とっても嬉しかった言葉。


「宮崎の風土や人柄が今の小渕君を作ったんだね」
「絶対にまた宮崎に来たい!」


この言葉、何回聴いたかな。
そのたびに嬉しくて泣きそうになっている自分がいました。


宮崎を好きになってくれて本当にありがとう。

宮崎に生まれてよかった。
コブクロを好きになってよかった。

黒ちゃん、小渕君、ありがとう。
ありがとう。


__


よかったら、【2000年10月11日】のコブクロ日記を読んでみてください。
小渕君とさかりょう君の素敵なお話。
涙なしでは読めません。


スポンサーサイト
2009.08.27 Thu 04:50
ライブ前日。

ファミさんへのお土産を用意したり、息子の保育園の準備をしたり、
留守にするのでやり残した家事をしたり。

ようやく終わったのが午前2時頃。

早く寝よう!と思ったところに、ここ2週間ずっと不機嫌だった旦那が起きてきた。

何か月も前から穏やかにこの日を迎える努力をしてきたのに、
どうやら2週間ほど前に巨大な地雷を踏んでしまったらしく・・・

完全な修復はできないまま、この日を迎えていました。

息子も数日前から体調がすぐれず、発熱したらライブは諦めなければいけない状況で、
テンションが上がるわけもなく、仲良しファミさんにメールで弱音を吐いたりする日々。

そして、やっと寝ようと思ったこの日も、午前2時からすったもんだあり。
悔しくて悔しくて、泣きながら布団に入ったものの(完全別室です。笑)、眠れるわけもなく。

ワクワクしすぎて眠れない♪っていう人が多い中、
モヤモヤ気分でほとんど眠れず朝を迎えたのは、私ぐらいじゃないでしょうか(T∀T)


当日の朝、息子を保育園に送り出し、旦那からは「気を付けて行ってこいよ・・」という一言だけ頂き、
モヤモヤ気分で走り出したのも一瞬でした。

家を出てしまえばこっちのもの。 
息子も元気に保育園に行ってくれたし、旦那も一言だけど声をかけてくれたし、
せっかくだから楽しまなきゃね!

立ち直りも早いようです( *´艸`)

だって、なんてったって、今日はコブクロライブだからね♪♪


同じ宮崎ファミさんのご厚意で、福岡まで同乗させてもらいました。
途中、何度かひやひやしながらも、無事に福岡に辿り着きました。

マリンメッセに着くと、ほぼ同時刻に到着した大好きな関西ファミさん達とすぐに再会~♪

ハグハグ(〃∇〃) ハグハグ(〃∇〃) ハグハグ(〃∇〃)

コブクロはもちろんのこと、みんなにもう一度会いたくて会いたくて、
今回の福岡遠征決めたんだよ~♪

数時間前のモヤモヤは嘘のようにどっかに飛んでいってしまって、
楽しくて楽しくて幸せな時間でした。

ツアトラの前で写真を撮りました。


snap_nao5296_200983183636.jpg


003_20090826184319.jpg


みんなでグッズ売り場へ並び、Tシャツとタオルを購入。

この列に並んでるとき、京都のTちゃんには夫婦喧嘩の理由をあっさりと見破られてしまい、
もう大爆笑~~~!!!
なんでわかったんだろう~(爆)
もちろんそれだけが原因じゃないけど。。。
さてはTちゃんも同じ経験あり~~??(爆)
夫婦っていろいろありますよね。うん(*´Д`)=3

グッズを買ったあとは、会いたい人に会ったり、みんなでおしゃべりしたり。

暑くて暑くて、喉がかわいて自販機で買うも、常温・・・( ̄Д ̄;) ガーン

自販機もフル稼働してたんでしょうね。

___


そして、ライブ終了後。(ライブレポは別に書いています。ネタバレOKの方だけどうぞ♪)

会場の外では、うっとりしつつも興奮状態の人で溢れ返っていました(笑)
もちろん私もその中の一人です。

余韻に浸りつつ、打ち上げ場所へ移動。
博多弁、宮崎弁、関西弁が飛び交いながら、飲んで笑って、楽しい楽しい時間でした。

snap_nao5296_20098441712.jpg


snap_nao5296_2009844421.jpg



お腹も満たされ、小渕君がMCで話した証明写真のところに向かおうと、
みんなで天神~大名の街をゾロゾロ。

その後、大阪・神戸っ子の3人とはもう今日でお別れ。
前回の教訓がしっかり身に付いたらしく(笑)、今回はちゃんと見送るから♪と言ってくれました。
今回はめっちゃ笑顔でバイバイできました。
また絶対逢いましょうね~~~(v^ー°)


私達もホテルに戻り、シャワーを浴び、Iちゃんの部屋で少しだけ反省会をし、
午前3時におやすみなさい。

___


翌日の起床は8時。よく眠れました。

この日は大阪から出てくるAさん達や昨日からの京都メンバー、
そして、この日、宮崎へ足を延ばすことになっていた千葉と大阪の3人のファミさん達も一緒にモーニングオフ会。

この日のライブ参加の方の前で、ネタバレなしで前日の感動を伝える・・という辛さがわかりました(笑)

名残惜しかったけれど、あっという間にお別れの時間。
京都のTちゃん、Kさん、また逢える日を楽しみにしています♪

想像通りの気さくなAさんも、次はぜひ宮崎にお越しくださいね♪
Iちゃんは、またすぐに宮崎で会えるね(笑)

そして、宮崎に向けてまた出発しました。
宮崎が近づくにつれて、一気に現実に戻るようで、さみしかったです。

でも、車内では前日のライブの余韻もさめあらず・・で楽しかったな~( *´艸`)
宮崎に着いて、蜂楽饅頭や若草通りや、工業高校やプレミアム10の堤防や、小学校などを一気に回り、
一ッ葉海岸やフローランテ(閉館時間を過ぎてて中には入れなかったけど・・)にも行きました。


snap_nao5296_20098441113.jpg


前日から母に預けっぱなしの息子を、18時までには迎えに行くことになっていたので、
一度家に帰り、息子を迎えに行き、旦那さんが地区のお祭りの打ち上げに行っていることを確認したので、
夜のお食事にも息子連れで参加させてもらいました。

9月の宮崎ライブの打ち上げでも使おうと思っている地鶏屋さん。
息子が変なテンションでみなさんに申し訳なかったけど、ここでも楽しい時間をご一緒させていただきました。

はじめまして♪の方ばっかりだったのに、3人ともすご~く話しやすくて、とっても居心地がよかったです。

みなさん、本当にありがとうございました(*^ー^*)



今回の福岡遠征。
はじめはどうなることかと思ったけれど、やっぱり行って本当によかったです!!

ライブでもいっぱい感動をもらったし、ファミさんと過ごした時間も本当に楽しくて、
がんばるパワーをたくさんたくさんもらいました。
福岡でいっ~~ぱい充電ができました。

いろいろ想うところがあり、しばらくは遠征を封印します。
でも、ココ(宮崎)にいれば、必ず誰かが逢いにきてくれるから、それで十分(*^ー^*)


次は宮崎2days。
またたくさんの新たな出会いと、再会を心待ちにしています。


____

余談ですが・・・

帰宅してからも、やっぱりどこかに溝があって、福岡の話、ライブの話もいっさい聞いてこない旦那。
ようやく今日になって、何を歌ったと??と聞いてきました。
9月の宮崎ではこの旦那さんとともにライブ参加なので、少しわだかまりが解けてきたのかと嬉しかったです。

京都のTちゃん。
これ読んで爆笑してませんか?(爆)



もうひとつ、大事なことを書き忘れてました。

今回、宮崎から同行してくださったSさん。
運転手役からカメラマン、荷物持ちまで、本当にお世話になりました。
オフ会でお腹がよじれそうなくらい笑った、あのとっても不気味な目・・・
一生、忘れません(爆)

最初から最後まで、失礼極まりない私で本当にすみませんでした(。-人-。)
これに懲りずに、これからもよろしくお願いします。

<追記>

またまた大事な事を書き忘れていました(^-^;)
お店やホテルを予約してくれたり、福岡でいろいろお世話してくれたIちゃんとTちゃん。
本当に本当にお世話になりました♪



※許可なく写真を掲載しておりますことをお許しください。
 不都合があればご一報をm(_ _)m
  

2009.08.26 Wed 16:00
2009年8月22日。

待ちに待った、KOBUKURO LIVE TOUR’09 “CALLING” 福岡初日に参加してきました。

忘れないうちに、私がお腹を抱えて笑ったMC編を書き留めておきます。
一切、ネタばれはしていませんので、これからライブを控えている方も安心してご覧ください♪

メモしていたわけではないので、かなり曖昧だったり、表現が違うところもあるかもしれませんm(*- -*)m
ココ違うよ~!ってとこがあれば、ご指摘・補足お願いします (*ゝω・)ノ

どの場面でどのMCが入ったかを覚えていないので、順不同です。


______


●元19(ジューク)の岡平健治(オカヒラケンジ)さんのファン

天神にある長浜公園で人を待っていた黒ちゃん。
公園の前には小さなライブハウスがあり、その日は元19の岡平さんのライブがそこであるようで、
ファンの方が横断幕を書いたりしていたそう。

黒:その子ら横断幕作ったりTシャツ着たり、ハチマキとかしてて、
  バリバリの岡平さんのファンなのによぉ、俺に気づいてバーッと近づいてきて、
  「コブクロさん、めっちゃファンです。」って(笑)
  そのTシャツ脱いでから言え!!(笑)

 
  会場(笑)

黒:でよ~、「桜のフーのとこ、歌って」って言うから、それは小渕!!!
  で、「ギターあるからギターでなんか弾いて」って・・・ それも小渕!!!!!!!  
 

小:全然俺らのファンちゃうやん(笑)

黒:もいっぺん家出るとこからやり直してこ~~い!!!(笑)

  会場(爆笑)      


  このMCの時だったか忘れたけど、黒ちゃんが

  「おとといきやがれ! でもホンマにおととい来られても意味わからへん(笑)」  

  っていう一人ノリツッコミがめっちゃ私のツボでした^^


●おちゃめな黒ちゃんと気付かれない小渕君

小渕君がタクシーに乗ってると、隣にニヤニヤする黒ちゃんが運転する車が。
「やめとけ」とジェスチャーで合図するも、その後も隣にぶ~んと横付け。
それに気付く運転手さん。

運転主さん:お知り合いですかー?

小:はい。(ここで遊び心が働く小渕君)
  あ、あの人、コブクロの黒田さんですよ。コブクロって知ってます?


運:知ってますよ~!!お知り合いなんですか~~??
  蕾とか桜とか、あ、レコード大賞も獲りましたよね!!

小:そうですね~(笑)

運:いや~、僕、長年この仕事してるけど、一度もそんな有名な方乗せたことないんですよ。

小:今、乗っとるがな(笑)!!!
  ミラー越しに、んーーー(という顔マネをして)なったわ!!


  会場(爆笑)

か、かわいい(〃∇〃)



●チャリンコタクシー

天神にはチャリンコタクシーっていう乗り物があって、黒ちゃんはヘアメイクのあきちゃんと乗ったそう。

黒:俺と中村さん二人合わせて160キロくらい。どんくらいのスピードやと思う?  

小:こんくらい?(ゆっくりめに歩く)

黒:もっと遅い!! 歩く速度と変わらへん。
「あ、コブクロや」って道歩いてる人に笑われるし、恥ずかしくてすぐ降りたわ(笑)


  会場(笑)


●ファミチキと証明写真

大名(だいみょう)をブラブラしていた小渕君。
ファミマに入りファミチキを買ったそう。

小:すぐに食べたかったんやけど、道に座り込んで食べるわけにはいかないじゃないですかー。

黒:完全にリストラされたおっさんやもんな(笑)

小:誰がおっさんやねん(怒)
  そしたら、ファミマの外にちょうど証明写真を撮る機械があったんですよ。
  椅子もあるしカーテンあるから誰にも見られないし、ちょうどいいわけですよ。
  で、ファミチキを食べてたら、その機械がしゃべるんですよ。
  「いらっしゃいませ~。証明写真ですか?それとも人相占いですか?」って。
  え~~? 人相占い??って(笑) 今はなんでも商売になるんですね(笑)
  で、せっかくやからやってみようと思って、300円入れてやったわけですよ。
  「親分肌のあなたのまわりには人が集まるでしょう。(本当はもっと長かったけど忘れた^^;)」
  って書いてあった。
 

  (当たってる~♪)
  
  そんで、外に出たらね、いかにも今から入社試験です!のようなお兄さんが
  ずっと順番を待ってたみたいで、僕20分くらい中にいたんですよ。
  で、あ、すみません・・・ってなんか気まずい感じになって。
  で、そのお兄さんが中に入って、一言。
  「ベッタベタやなぁ(怒)」って言ってたんです(笑)
  (ファミチキで手がベタベタになっちゃって、その手でパネルを触っていたから。笑)

  この会場にあのお兄さん来てたら、ほんとにすみませんでしたー(笑)


  会場(笑)

  この夜、食事したあと、みんなで行きましたよ~、証明写真のところに♪
  小渕君が触ったであろうタッチパネルをぺたぺたと触ってきました^^
  たばちゃんだけ、人相占いもしてました(笑)


●アンケート100%回収

小:僕らアンケートは打ち上げの時にぜーんぶ読んでますので、ぜひ書いてくださいね。
  目指せ!!アンケート回収率100%です!!


黒:ほんまに全部読んでますので、全員が書かな100%にはなりませんからね!
  
  ~ここから黒ちゃんの一人芝居~

  「俺も書くからお前も書けよ~」
  「お前も書けよ~」       
  「お前も書けよ~」  
 

  隣(小渕君とは反対側)に誰かがいるかのように話しかけて一人芝居する黒ちゃん。

小:「長いわっ!!!!!!!」

  会場(爆笑)

この小芝居もめっちゃ私のツボでした^^


●ハプニング

ある曲で小渕君にハプニングがあって、(←これも気づいてた人がけっこういて、びっくりしたけど)
その話のあと、

黒:俺もよぉ、さっき、コレ(ブレスレット)がここのボタン(シャツのボタンかな?)に引っかかって、
  全然取れなくてよ~、この状態で歌ったわ。捕えられた人みたいに(笑)
  

  (気づいてた人ー?って会場に聞いてたけど、
黒ちゃん側アリーナ前方の人はほとんど手を挙げていました^^)


_____


他にも世界陸上の話とかボルトの話とか、いろいろあったんだけど、
あんまり覚えてないので、他の人のところで見て下さいねm(*- -*)m

なんか今回のMCの私なりのツボ。
なぜか黒ちゃんの言葉ばかりなんですけど(爆)

本当に久しぶりにお腹を抱えて笑いました(≧∇≦)

考えてみたら、ツアーでは宮崎以外に参加するのは初めてだったんですけど、
宮崎では黒ちゃんのトークが控え目な気がするんですよね。
けっこう小渕君がメインに話してる気がするんです。

それでもいつも二人のトークには爆笑させてもらってるんですが、
この日は“笑いの神”が降りてきてました♪♪


次はライブレポというより、私なりの感想を書きたいと思います。
思いっきりネタバレしますので、これからライブを控えている方は読まないでくださいね( ´ー`)y-~~


Copyright © HUMMING LIFE♪ All Rights Reserved.

Designed by Flug

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。